スキップナビゲーション




CosLookでは映画やドラマ、テーマ―パークなどに使用する多様な衣装や鎧などをデザインし、製作しております。また、長い間ホームページを運営しながら、様々な方に数多くのコスプレ衣装や小道具を製作してきました。


この度、皆さまとコミュニケーションを図ることができる多様なコンテンツを製作しようと思います。まず、当店で製作した数多くのコスプレ衣装や小道具の製作方法を次第に公開させていただきたいと思います。


パターンはもちろん単純かつ高級な製作技術まで全て理解しやすい説明と共に皆さまと打ち明けていきたいです。素敵な衣装や小道具を直接製作したい方に有意義な情報になれればと思います。


毎週の素敵な衣装、小道具製作講座をご参考に作ってみてください。

製作の際、お問い合わせなどがございましたら、LINEやツイッターを通じてお知らせください。


LINE ID : coslook

twitter ID : coslook1

口コミを読む
【CosLook】艦これ・島風の碇ブローチ コスプレ小道具 作り方講座
作成日: 2016-08-02 IP : 219.122.214.196
投稿者 : CosLook
カウント : 290
こんにちは。CosLookの張です。

艦これ・島風の碇ブローチの作り方についてご紹介致します。



まず、PCで碇の形をしたブローチの大きさと形をデザインしました。



当店では7㎝の大きさで製作しました。

少し大きめではありますが、キャラクターの特徴とより似合うと判断し大き目に製作しております。

デザインは製作において最も大切な要素でございます。

製作をする前はデザインをはっきり決めて製作に挑むようにしましょう。

次は、材料選びです。

艦これ・島風の碇ブローチはEVAという合成樹脂を使用して製作しました。

EVAには様々な硬度のものがあり、柔らければスポンジほど、硬ければ木材ほどのものがあります。

当店では木材を使用すると重量が重くなるため、軽くて丈夫な合成樹脂の素材を使用しております。

下の画像が用意した材料です。

1.はEVA(10mm)、2.はEVA(5mm)、3.はプラスチック製のチェーンです。



次にデザイン通りに型紙(パターン)に各品目の絵を描きます。



①、②、⑥は碇ブローチの下段部分です。

③、④、⑤は碇ブローチの上段部分です。



次は、カッターで切り抜いていきます。



これで各部品が揃いました。これらをサンドペーパーでよく磨きます。

CosLookで使用しているEVA(合成樹脂)は硬度がほどよく、木材のように磨いて使用します。



まず、一次加工の段階です。

端を丸く磨いていきます。細部に気を付けて丁寧に磨くことで原作のようなリアル感を再現できます。



立体感を活かすため、上段部分は細くなるように磨いてください。



さあ、これで組み立てができます。

碇ブローチの下段部分を瞬間接着剤で固定します。



更に最も下の部分も固定します。



上段のブローチ部分もバランスよく接着剤で固定します。



碇の両方にあるの爪の部分を削り立体感を与えました。

この爪を接着剤で本体とくっつけると・・・



形はこれで出来上がりです。

あとは塗装をして、穴にチェーンをつなげるだけです。





素敵な碇の形をしたブローチが完成しました。



もし素材やパターンをお探しの方、その他お問い合わせなどがございましたら、LINEやツイッターでメッセージをお願い致します。



また、法人向けのイベント衣装や小道具が必要でしたらいつでもご連絡ください。

みなさまのイベントをより盛り上げる衣装や小道具を製作させていただきます。

詳しくは、coslook@gmail.comまでご連絡をお願い致します。


コメントを書く
コメントを書く
 変更