スキップナビゲーション




CosLookでは映画やドラマ、テーマ―パークなどに使用する多様な衣装や鎧などをデザインし、製作しております。また、長い間ホームページを運営しながら、様々な方に数多くのコスプレ衣装や小道具を製作してきました。


この度、皆さまとコミュニケーションを図ることができる多様なコンテンツを製作しようと思います。まず、当店で製作した数多くのコスプレ衣装や小道具の製作方法を次第に公開させていただきたいと思います。


パターンはもちろん単純かつ高級な製作技術まで全て理解しやすい説明と共に皆さまと打ち明けていきたいです。素敵な衣装や小道具を直接製作したい方に有意義な情報になれればと思います。


毎週の素敵な衣装、小道具製作講座をご参考に作ってみてください。

製作の際、お問い合わせなどがございましたら、LINEやツイッターを通じてお知らせください。


LINE ID : coslook

twitter ID : coslook1

口コミを読む
【CosLook】テイルズオブゼスティリア スレイ 剣&鞘 作り方講座
作成日: 2016-09-02 IP : 219.122.146.240
投稿者 : CosLook
カウント : 1384
今回は、テイルズオブゼスティリアのスレイが装備している剣と鞘の作り方講座です。

コスプレ小道具を製作する際は、デザイン、材料の用意などの下準備と完成品のイメージングが最も大切です。

小道具の完成した姿を十分想像し、製作に取り組んでください。

まずは、デザイン画の作成から始まります。



剣の大きさや模様を参考しながら、デザイン画を描いてください。

剣のベースとなる素材は木材を使用しました。

剣の模様やそのほかの飾りなどは合成樹脂を使用しました。

次は剣のデザインのスケッチです。



剣の長さは柄を含んで1m14cmです。

剣の最も幅が大きいところは10cmとなります。

スケッチを紙に印刷し、そのまま木材の上に乗せてカッティングしてください。













すべての準備作業が終わりましたら、これから製作に取り掛かります。

模様や鞘のアウトラインも紙に印刷してカッティングを行います。



剣のデザイン画を木材に描いて、カッティングします。

一般的な家庭では無理がありますが、のこぎりなどを使用して少しずつカッティングしてください。

次にサンドペーパーを使用して、剣に刃部分を表現致します。

木材のため、刃を鋭くは製作しません。







このようにサンドペーパーで磨いて刃を表現後、全体的にも丁寧に磨いてあげます。



合成樹脂に剣の模様を描いてカッティングします。



カッティングした模様も丁寧に仕上げるためサンドペーパーで磨くとベターです。



全体的に模様をカッティングしました。



剣に接着剤を使用して模様を接着させます。

なお、接着剤を使用する際は、剣と模様、どちらにも接着剤を塗る必要がありますので、ご注意ください。



剣の両側に模様をバランスよく接着させてください。



そして、全体を少し赤いオレンジ色に塗装しました。

最終的には、柄は金色で塗装します。







剣本体の塗装が終わったら、柄部分を塗装致します。





次は、鞘を作る番です。

最初に作成した剣のアウトライン通り、木材をカッティングして形を作り、平らな部分は合成樹脂を使用して再現します。





次は、柄に綿テープを巻きました。



これで剣と鞘の完成です。







もし素材やパターンをお探しの方、その他お問い合わせなどがございましたら、LINEやツイッターでメッセージをお願い致します。

また、法人向けのイベント衣装や小道具が必要でしたらいつでもご連絡ください。

みなさまのイベントをより盛り上げる衣装や小道具を製作させていただきます。

詳しくは、coslook@gmail.comまでご連絡をお願い致します。


コメントを書く
コメントを書く
 変更