スキップナビゲーション




CosLookでは映画やドラマ、テーマ―パークなどに使用する多様な衣装や鎧などをデザインし、製作しております。また、長い間ホームページを運営しながら、様々な方に数多くのコスプレ衣装や小道具を製作してきました。


この度、皆さまとコミュニケーションを図ることができる多様なコンテンツを製作しようと思います。まず、当店で製作した数多くのコスプレ衣装や小道具の製作方法を次第に公開させていただきたいと思います。


パターンはもちろん単純かつ高級な製作技術まで全て理解しやすい説明と共に皆さまと打ち明けていきたいです。素敵な衣装や小道具を直接製作したい方に有意義な情報になれればと思います。


毎週の素敵な衣装、小道具製作講座をご参考に作ってみてください。

製作の際、お問い合わせなどがございましたら、LINEやツイッターを通じてお知らせください。


LINE ID : coslook

twitter ID : coslook1

口コミを読む
【CosLook】刀剣乱舞 加州清光 小手 作り方講座 ドールサイズ コスプレ 鎧
作成日: 2016-08-15 IP : 219.122.214.196
投稿者 : CosLook
カウント : 418
今回は、刀剣乱舞の加州清光の衣装から小手の製作過程を紹介致します。

今回の小手はドールサイズであるため、大きさが大変小さい品目です。

そのため、ディテールを再現が細かく難易度の高い作業となります。

ドール衣装の製作で最も大事なことはサイズです。ドール衣装は人間衣装の何倍も小さいため、サイズを少し間違えるとゆるくなったり、きつくなることがあります。

まず、サイズに合わせて型紙(パターン)を作成します。

製作しながら変更される部分も多いため、最初からデザインにこだわる必要はありません。





素材はEVA(合成樹脂)を使用し、ベルクロ(マジックテープ)で固定して着用できるように製作します。

幅は約2cmの小手です。



厚さ0.3cmのEVAで鎧のベースとなる形を製作します。

後からサンドペーパーで仕上げますので、現段階では切り目が粗くても構いません。

赤色の縁部分は、厚さ0.1cmの赤色のEVAで作ります。



小手がとても小さいため、注意深く扱わなければなりません。

EVAの各パーツを瞬間接着剤でくっ付けます。

ポイントとしては、接着剤を使用する際、接着剤を直に部品に塗らないでください。

量の調節が難しいため、もし余ったら白く変色してしまいます。

つまようじなど鋭いものを使って少しずつ塗ってから接着するようにしてください。



ドールに着用させるバンド部分です。

黒色のEVAの上でに、赤色のEVAを重ねて製作しました。





このように各部分を繊細に作業し、小手を完成させていきます。

腕に着用させる際、小手が平らだと不自然に仕上がりますので、ペンやパイプなど手頃の大きさの筒状のものを使用して曲げてください。

曲げる際にはヒーティングガンなどを使用し、樹脂を柔らくしてから少しずつ曲げてください。



これで完成です。

サンドペーパーで仕上げてからドールに着用させてみました。

大きさは適度で成功的です。







その他の衣装も現在製作中でございます。

素敵な衣装を完成しますと、小手も着用させて画像をアップさせていただきます。

もし素材やパターンをお探しの方、その他お問い合わせなどがございましたら、LINEやツイッターでメッセージをお願い致します。

また、法人向けのイベント衣装や小道具が必要でしたらいつでもご連絡ください。

みなさまのイベントをより盛り上げる衣装や小道具を製作させていただきます。

詳しくは、coslook@gmail.comまでご連絡をお願い致します。


コメントを書く
コメントを書く
 変更